センター紹介 Outline for Center
センター紹介

センター長挨拶

藤井節郎記念医科学センター センター長 親泊政一  藤井節郎記念医科学センターは、故藤井節郎博士が生前なされた研究の成果から取得された特許料で設立された一般財団法人藤井節郎記念大阪基礎医学研究奨励会のご寄付によって、平成25年11月に徳島大学に開設されました。藤井節郎博士は、昭和37年から51年まで徳島大学医学部酵素生理学部門教授を務められ、癌(UFT)、膵炎(FOY、フオイパン、フサン)、胃炎(ノイエル)などの治療薬を発明・開発され、アカデミアのみならず社会にも大きく貢献されました。
 藤井節郎記念医科学センターは、学際融合研究によりイノベーションに繋がる優れた生命科学研究成果を挙げることをミッションとしています。ミッション達成に向けて、広く国内外の優秀な研究者を集め、学際・融合コンソーシアムの形成による世界トップクラスの医科学研究を推進します。5階建ての1階には、藤井節郎先生の功績を紹介する展示室に加えて、200名近くを収容できるセミナーホールとポスター展示などもできるホワイエが設置され、学会などの情報交換に利用できます。2階はセンター事務・管理部門に、センター外の人もアクセスしやすい共通機器室、カンファレンスなどに使用できる多目的室を備えており、討論や交流などに必要なスペースが確保されています。3階と5階には研究分野の壁の枠を超えた学際融合研究プロジェクトを推進するためのオープンラボと生命科学を行うための基盤機器を完備した共通機器室が整備されており、利用手続き後すぐに研究を開始できる環境です。3階と5階から等しくアクセスできる4階には、先端的な研究に必要な大型機器室、学内外に向けた受託解析室、専有して学内外との共同研究をするための部屋が用意されています。平成28年4月現在で、藤井節郎記念医科学センター所属の3分野以外に、医歯薬研究部の医科学部門、薬科学部門、産官学連携部門、さらに生物資源産業学部や先端酵素学研究所など8つの研究グループの利用があり、県や企業とも連携し、また学部や分野を横断した研究拠点としての活動を展開しています。
 平成28年4月からは、徳島大学蔵本地区の疾患酵素学研究センター、疾患プロテオゲノム研究センター、糖尿病臨床・研究開発センターに藤井節郎記念医科学センターを加えた4つの研究センターが統合されて、新たに先端酵素学研究所が設立されました。藤井節郎記念医科学センターは、先端酵素学研究所の附属センターとして再出発し、学際融合研究によるオープンイノベーションの核となることが期待されています。そのために、若手研究者、女性研究者、外国人研究者も積極的に採用し、共同研究・機器共通管理などによる効率的な研究体制による研究機能強化では先導的な役割を果たしていきたいと思っています。今後とも幅広い研究者のニーズに応えるべく施設整備に取り組んで参りますので、皆様のご支援とご協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。

センターについて

優秀な研究者を集め、学際・融合研究を推進し、
医科研究の発展及び若手研究者の育成に寄与すること

優秀な研究者を集め、学際・融合研究を推進し、医科研究の発展及び若手研究者の育成に寄与すること 徳島大学藤井節郎記念医科学センターは、一般財団法人藤井節郎記念大阪基礎医学研究奨励会からの寄附を受けて建設された地上5階建てのセンターです。
 本センターは、1階に席数194席の藤井節郎記念ホールを設け,講演やセミナー等の開催が可能なスペースとなっています。また、玄関ホールに隣接して藤井節郎博士の記念展示コーナーを設け、藤井節郎博士の業績等を紹介しています。

 

 3・5階には開かれた研究体制の構築を推進するため、寄附研究部門や共同研究部門など研究組織等の枠をこえてプロジェクト研究を推進する研究共用施設として「オープンラボ」を設置しています。また,4階には独立した研究スペースとして利用が可能な「共通機器室」を設置し、多くの研究者に研究の場を提供しています。

 

フロアマップ

藤井節郎記念医科学センター1階

藤井節郎記念医科学センター2階

藤井節郎記念医科学センター3階

藤井節郎記念医科学センター4階

藤井節郎記念医科学センター5階

徳島大学 藤井節郎記念医科学センター
〒770-8503 徳島県蔵本町3丁目18番地の15
電話番号 088-633-9420